相続したマンション

マンションを所持している家庭で、現在の持ち主である親が亡くなったとき、当然子供がいれば相続をすることになります。このような場合、今までと同じように賃貸住宅として不特定多数の人に貸すことはできるのでしょうか。もちろん相続すればその人の持ち物になるので、どのように利用しても問題はありません。一般的にはそのまま賃貸住宅として利用する方法もありますし、自宅として利用することもできれば、売却することもできます。

ただし、相続したらやっておくべきこともいくつかあるのです。まず第一に遺産相続を行って届け出を出すこと、第二に相続税を支払うことです。これを怠ってしまうと、自分が相続したと認めてもらうことができません。現在の日本は、ありとあらゆる物に税金がかけられているというとんでもない状態になっています。自分の持ち物なのに、相続をすれば税金がかけられてしまうのです。しかも政治家の悪政によって、相続税もどんどん増税されています。

中には相続税が高くて家を売る人もいますし、遺産相続で、兄弟同士でもめて裁判になるケースもあるのです。そのため、きちんと遺産相続をしたという届け出と、相続税の支払いを済ませなければいけませんが、済ませてしまえば普通にマンションを賃貸住宅として利用できるので、心配はいりません。不明な点は税理士に相談をしてみるのがよいでしょう。当サイトでは相続後にマンションを賃貸住宅として活用する方法をわかりやすく解説しています。

Comments are closed.