不動産屋を選ぶ

マンションの持ち主が死亡して、遺産相続をした場合には、きちんと届出をして税金を払えば問題なく賃貸住宅として利用できます。ただし、現在の不動産屋があまり信用できない場合もあるでしょう。このような場合には、不動産屋を変えてしまうという方法も可能です。今までは親が持ち主だったので、仕方がなく不動産屋と付き合っていたけれど、自分が相続したらもう気にする必要はないとと考える人もいます。

このようなときには、別の信頼できる不動産屋に変えた方がよい場合もあります。例えばもっと高い家賃を取れるのに、低い家賃で貸してきた場合や、管理費用がかかり過ぎていたから押さえたいという場合です。通常不動産屋がこのような相談に乗ってくれるのが普通ですが、きちんと相談に応じてくれないところもあります。

このようなときには、賃貸マンションの経営を助けてくれる評判のよい不動産屋を探すのがよいでしょう。インターネット上には、いろいろな不動産屋を探すことのできるサイトがあります。このようなサイトを利用して、信頼できて知識のある不動産屋を探し直すという方法も、相続のときに一緒に行ってしまうこともできるのです。

Comments are closed.