税理士に相談する

賃貸マンションを相続した場合、相続人が多ければ遺産相続でもめる可能性もあるでしょう。しかし、現在では一人っ子が多いので、特にもめることがない場合もあります。このようなときに、最大の悩みとなるのが相続税です。賃貸マンションの相続で力になってくれるのは、不動産のプロだけではありません。税理士も強い味方になってくれるでしょう。

特に不動産鑑定士のような専門家と連携している税理士に依頼することで、賃貸マンションとしてより自分に有利な状態で相続することができます。例えば節税ですが、実はどの税理士に依頼するのかによって、相続税の額もかなり異なるのを知っているでしょうか。もちろん現在建てられている賃貸マンションをそのまま相続して、賃貸住宅として利用することもできます。

さらに駐車場や自宅の一部である自分が相続した土地に、賃貸住宅として利用するアパートやマンションを建てることでも節税が可能なのです。もちろん建築費がかかってしまうので、必ずしも自分が有利になるとは限りません。しかし、長期的に考えれば家賃収入が入るので、自分が有利になると言えるでしょう。このような対策を税理士もきちんと考えてくれるので、遺産相続の際には税理士選びも重要になるのです。

Comments are closed.