カテゴリー: 未分類

賃貸マンションを相続した場合、相続人が多ければ遺産相続でもめる可能性もあるでしょう。しかし、現在では一人っ子が多いので、特にもめることがない場合もあります。このようなときに、最大の悩みとなるのが相続税です。賃貸マンションの相続で力になってくれるのは、不動産のプロだけではありません。税理士も強い味方になってくれるでしょう。

特に不動産鑑定士のような専門家と連携している税理士に依頼することで、賃貸マンションとしてより自分に有利な状態で相続することができます。例えば節税ですが、実はどの税理士に依頼するのかによって、相続税の額もかなり異なるのを知っているでしょうか。もちろん現在建てられている賃貸マンションをそのまま相続して、賃貸住宅として利用することもできます。

さらに駐車場や自宅の一部である自分が相続した土地に、賃貸住宅として利用するアパートやマンションを建てることでも節税が可能なのです。もちろん建築費がかかってしまうので、必ずしも自分が有利になるとは限りません。しかし、長期的に考えれば家賃収入が入るので、自分が有利になると言えるでしょう。このような対策を税理士もきちんと考えてくれるので、遺産相続の際には税理士選びも重要になるのです。

マンションの持ち主が死亡して、遺産相続をした場合には、きちんと届出をして税金を払えば問題なく賃貸住宅として利用できます。ただし、現在の不動産屋があまり信用できない場合もあるでしょう。このような場合には、不動産屋を変えてしまうという方法も可能です。今までは親が持ち主だったので、仕方がなく不動産屋と付き合っていたけれど、自分が相続したらもう気にする必要はないとと考える人もいます。

このようなときには、別の信頼できる不動産屋に変えた方がよい場合もあります。例えばもっと高い家賃を取れるのに、低い家賃で貸してきた場合や、管理費用がかかり過ぎていたから押さえたいという場合です。通常不動産屋がこのような相談に乗ってくれるのが普通ですが、きちんと相談に応じてくれないところもあります。

このようなときには、賃貸マンションの経営を助けてくれる評判のよい不動産屋を探すのがよいでしょう。インターネット上には、いろいろな不動産屋を探すことのできるサイトがあります。このようなサイトを利用して、信頼できて知識のある不動産屋を探し直すという方法も、相続のときに一緒に行ってしまうこともできるのです。

マンションを所持している家庭で、現在の持ち主である親が亡くなったとき、当然子供がいれば相続をすることになります。このような場合、今までと同じように賃貸住宅として不特定多数の人に貸すことはできるのでしょうか。もちろん相続すればその人の持ち物になるので、どのように利用しても問題はありません。一般的にはそのまま賃貸住宅として利用する方法もありますし、自宅として利用することもできれば、売却することもできます。

ただし、相続したらやっておくべきこともいくつかあるのです。まず第一に遺産相続を行って届け出を出すこと、第二に相続税を支払うことです。これを怠ってしまうと、自分が相続したと認めてもらうことができません。現在の日本は、ありとあらゆる物に税金がかけられているというとんでもない状態になっています。自分の持ち物なのに、相続をすれば税金がかけられてしまうのです。しかも政治家の悪政によって、相続税もどんどん増税されています。

中には相続税が高くて家を売る人もいますし、遺産相続で、兄弟同士でもめて裁判になるケースもあるのです。そのため、きちんと遺産相続をしたという届け出と、相続税の支払いを済ませなければいけませんが、済ませてしまえば普通にマンションを賃貸住宅として利用できるので、心配はいりません。不明な点は税理士に相談をしてみるのがよいでしょう。当サイトでは相続後にマンションを賃貸住宅として活用する方法をわかりやすく解説しています。